エディター

各種ツール説明

◆鉛筆ツール

画像にドットを描くことができます。
鉛筆の太さは5種類から選択可能です。

Tips:
他のツールで編集しているときにクリアキーを押すと、鉛筆ツールに切り替えることができます。
また、*キーでドットを描くこともできます (Ver.1.3以降)



◆直線ツール

直線を描くことができます。
線の太さは、鉛筆ツールで選択したものになります。


◆塗り潰しツール

隣接するドットを描画色で塗り潰すことができます。


◆四角ツール

四角形を描くことができます。
線の太さは、鉛筆ツールで選択したものになります。


◆塗り四角ツール

四角形で塗り潰すことができます。


◆円ツール

円形を描くことができます。
線の太さは、鉛筆ツールで選択したものになります。


◆塗り円ツール

円形で塗り潰すことができます。


◆コピーツール

選択した領域を、他の場所にコピーすることができます。

Tips:
貼り付け中にサブキャンバスに切り替えることもできます。


◆マージコピーツール

指定した色を抜いて、選択した領域を他の場所にコピーすることができます。
抜く色(コピーしない色)は複数指定可能です。


◆移動ツール

選択した領域を、他の場所に移動することができます。
移動元の領域は、描画色で塗り潰されます。


◆マージ移動ツール

指定した色を抜いて、選択した領域を他の場所に移動することができます。
移動元の領域は、描画色で塗り潰されます。


◆文字ツール

携帯内蔵のフォントで、文字を貼り付けることができます。
絵文字の使用も可能です。
文字の大きさは、docomoでは4種類、auでは3種類選ぶことができます。

Tips:
機種によっては、文字の描画にアンチエイリアス(半透明ドット)が使われる場合があります。
貼り付け時に半透明ドットがある場合は、そのドットの色は現在のパレットにある近似色になります。
また、auの絵文字のドットも近似色になります。



◆左右反転ツール

選択した領域内を左右反転することができます。


◆上下反転ツール

選択した領域内を上下反転することができます。


◆90度回転ツール

選択した領域内を右に90度回転することができます。
回転できる領域は正方形のみです。


◆拡大縮小ツール

選択した領域内を拡大/縮小することができます。

Tips:
右ソフトキーを押すと、ドットの補間処理(アンチエイリアス)を行うことができ、画像のギザギザ感を抑えることができます (Ver.1.3以降)


◆自由回転ツール

選択した領域内を任意の角度に回転することができます。右ソフトキーで補間処理も可能です (Ver.1.3以降)


◆曲線ツール

曲線を描くことができます。
線の太さは、鉛筆ツールで選択したものになります。

Tips:
曲線の第4点は省略することができます。


戻る


(C) 2009-2019 D Editor
- オンラインヘルプ